*使用微生物群は、芽胞形成菌(グラム陽性菌:バチルス属)及び形成しないグラム陰性菌(シュードモナス属)を配合。
負荷増大・阻害要因による排水処理不調の回復時・プラントスタート時
COMPLIT シリ−ズ 必要添加量
流入BOD値=(500mg/L) (1000mg/L) (2000mg/L以上)
添加量(kg) 一週間の使用量(Kg/週)
1日の総流入水量(m3/day)
1-2日目 3-4日目 5-7日目
500以下 7.0 9.0 11.5 2.25 2.5 2.5 1.25 1.25 1.75 22.25 26.75 33.25
750 7.0 9.0 11.5 2.5 2.5 2.75 1.5 1.5 2.0 23.5 27.5 34.5
1000 10.0 11.0 13.5 3.0 3.5 4.5 1.75 2.5 2.25 31.25 36.5 42.75
1500 11.5 13.5 16.0 4.5 5.0 6.0 2.5 3.25 3.5 39.5 46.75 54.5
2000 13.5 15.5 18.0 5.0 5.5 7.0 2.75 3.5 4.5 45.75 52.5 63.5
2500 14.0 18.0 20.0 5.5 6.75 9.0 3.0 3.5 4.5 48.0 60.0 71.5
3000 14.0 18.0 20.0 5.8 6.8 10.0 4.0 4.3 5.0 51.5 62.25 75.0
3500 14.5 18.0 22.5 6.75 7.5 10.0 4.25 4.5 5.0 55.25 64.5 80.0
5000 17.5 21.0 25.0 9.5 11.0 13.5 5.0 5.5 6.0 69.0 80.5 95.0
           *1500m3/day以上の排水で培養タンクを使用して添加する場合、上記添加量より少なくなります。
*安定な生物処理を行う時のメンテナンス添加量表はこちらを参照願い生ます。
        *新たに難分解性物質を処理したい場合は、テスト方法と製品サンプル(20g)を用意してます。
*粉末の微生物製剤1kg当たり15Lの水道水(水温10℃以上35℃以下)に入れ良く攪拌後、30分静置させ、全量を曝気槽原水流入側に投与する。
トップページヘ